Blog&column
ブログ・コラム

埋まっている親知らずはほっといても大丈夫?

query_builder 2021/01/08
コラム
xray-x-ray-x-ray-photo-roentgen
親知らずが歯茎の中にしっかり埋まっていて、その姿が見えない。
そんな状態の場合は抜歯しなくても大丈夫なのでしょうか?
ここでは親知らずの生え方のタイプ、そして埋まっている親知らずについて説明していきます。

▼親知らずの生え方には3タイプあります。

■まっすぐに生えてくる

他の歯と同じように、綺麗に生えてくるタイプです。
他の歯にダメージがなく、かみ合わせにも問題がなければ、基本的には経過観察としてそのままになります。
しかし、このようなケースは少ないようです。

■横向きまたは斜めに生えてくる

隙間ができて歯が磨きにくいので、虫歯歯周病のリスクが高くなってしまいます。
また、隣の歯を押し出す形になり歯並びにも支障をきたしてきます。
この場合は虫歯等のトラブルが起こる前に抜歯することを推奨されます。

■逆向きに生えてくる

向きがなぜか逆さまになっているケースもあります。
このケースの場合は、骨に嚢胞ができるといったトラブルを引き起こしてしまいます。
レントゲンで判明しますので、奥歯付近が痛むのに理由がわからない時は相談してみましょう。

▼埋まっている親知らずについて

完全に埋まっている場合、虫歯歯周病のリスクは低いですが、歯茎内やあごの骨へのトラブルを起こすことがあります。
レントゲンで親知らずの向きや位置を確認できますので、痛みを感じずとも気になる方は歯科医院にて相談してみてください。
向きや位置によっては抜歯した方がいいケースもあります。

▼まとめ
親知らずのリスクは生え方によって異なりますので、自己判断せずに歯科医へ相談しましょう。
桑名市の方でしたら、むつみ歯科クリニックにて是非レントゲンを撮ってみてください。
親知らずの状況や今後必要な処置について丁寧に説明していきます。

NEW

  • 審美歯科とは、どんなもの?

    query_builder 2020/09/02
  • 虫歯を自力で治す方法とは

    query_builder 2020/09/02
  • 削らなくても治せる?初期虫歯とは

    query_builder 2020/09/02
  • 口臭の原因は虫歯にあり

    query_builder 2020/09/02

CATEGORY

ARCHIVE