Blog&column
ブログ・コラム

インビザライン終了後のケアは?

query_builder 2020/11/08
コラム
dentist-orthodontics-dental-rail-seemed (1)
人気の歯列矯正法であるインビザラインですが、終了後でも気をつけるポイントがあります。今回はインビザライン後のケアについて見ていきます。

▼歯が元の位置に戻ってくる
インビザラインで歯を矯正しても、歯は元の位置に戻ろうとします。歯の位置は変わっても、歯を支える骨の位置がまだ固まっていないからです。

そのため、元の位置に戻るのを防ぐ処置が必要です。

▼保定させるリテーナーを装着する
歯の位置を安定させる(保定させる)には、保定装置である「リテーナー」を装着します。

リテーナーもインビザラインのように、できるだけ長い時間装着しましょう。

リテーナーを毎日装着する期間は約1年。歯の位置が安定してきたら、夜だけの装着など、徐々に装着する時間を減らしていきます。

リテーナーを完全に手放すまでには、約2年かかります。インビザラインを装着していた期間と同じくらい、リテーナーを装着し続けるのが一般的です。

▼保定期間も通院が必要
リテーナーに移行したあとの保定期間も、定期的な通院が必要です。

担当の医師が「噛み合わせが安定した」と判断したら、晴れてリテーナーを卒業できます。

▼まとめ
インビザラインの終了後は、リテーナーを使った保定期間に入ります。

むつみ歯科クリニックでは保定期間も安心して日常生活が送れるように、患者さんのバックアップを丁寧におこなっています。

桑名市にお住まいでインビザラインに興味のあるかたは、ぜひ当院までお気軽にご相談くださいね。

NEW

  • 口腔外科と歯科の違いとは?どっちに行ったらいいの?

    query_builder 2020/09/02
  • 歯のトラブルの症状にはどのような物がある?どう対処すればいい?

    query_builder 2020/09/02
  • 歯医者でカウンセリングをしてもらえる?最善の治療法を見つける

    query_builder 2020/09/02
  • 歯の治療で痛くない方法なんてあるの?削らない治療とは?

    query_builder 2020/09/02

CATEGORY

ARCHIVE